日本独特の和柄やプリントされている個性的で素敵なTシャツがある

中古のTシャツは、いつの時代にも人気があります。服の中でも、中古というとTシャツが根強い人気があり、プレミアが付きやすい特徴があります。芸能人が着ていたとか、販売数が極端に少ないものは、何十万円から何百万円もの値段が付く事があります。



そんな中古のTシャツを専門に扱うお店が色々あります。都市部に多い特徴があり、色々な場所から売りに来ます。そういったお店には、レアなTシャツが色々あります。



30年前に生産されたアメリカ製のTシャツで、可愛いキャラクターの絵が描かれているTシャツがあったり、人気のロック歌手をデザインしたというロックの絵がプリントしてあるTシャツがあったりします。



あえて着古した感が人気で、わざわざ中古のTシャツを買い求める人までいます。



人気と言えば、カレッジというTシャツです。アメリカ等の大学などの学校名等が入っているもので、知的なイメージがあります。大学のロゴマーク等も入っていたりして、日本には数少ないTシャツです。



Tシャツには、ドリンクメーカーやビールメーカー等の個性あるものも人気です。



それとは対照的に、日本の和柄がプリントされてあるTシャツもあります。



富士山や桜龍、守宮や新稲荷などの和風の絵柄があり、とても雰囲気が素敵です。着物柄もあり、日本女性にもとても似合います。他にも、風神雷神という独特な和柄もあります。



日本的で繊細な絵のタッチが面白く、より個性を主張する事ができます。暑い季節にぴったりな金魚柄は、涼しさを醸し出します。



そのTシャツには、手書きで文字を入れる事ができます。墨を付けた筆で書いた文字で、達筆な文字が印象的です。その文字に想いを込めた漢字を、一つ一つ心を込めて書いています。



日本には、昔からの伝統的な技法で染められている染物があります。その染を活かしたTシャツもあります。藍染という染を、Tシャツに採用しています。独特な深い藍色が素敵で、海外には無い、日本オリジナルのTシャツです。