体型を細く見せたり脚長に見せるには色や柄等を考えてTシャツを選ぶ

色や柄によって、Tシャツを着る人の体型などをカバーする効果があります。少しぽっちゃり体型の人には、縦のストライプ柄のTシャツがお勧めです。縦線が幾つも入っていると、体を細く見せる事ができるからです。これが横にストライプが入っていますと、太って見えます。



顔が大きく、顔のパーツが薄い人がピンクやイエローなどの色のTシャツを着ますと、顔が膨張して見えます。反対に顔が濃い人が着ると、顔を小さく見せる事ができます。



より細いシルエットに見せたい人は、ブラックやレッド等の濃い色がお勧めです。色が濃いと、体を引き締めて細く見せる事ができます。



胴長の人や足を長く見せたい人には、ショート丈のTシャツが最適です。



より深みがあり、素材感を見せて着たいという人には、厚みのあるヘビーウェイトTシャツがいいでしょう。カジュアルを意識したもので、重みのある格好いい着こなし方ができます。ロックシンガーや愛好家の間では、この厚みのあるTシャツが人気です。



このTシャツには、首元がVネックになっているものがあります。よりシャープな印象になるので、多くの男性に愛されています。よりダンディに着こなす事ができますし、都会的な格好良さを与えます。



サーファーに愛されているのが、サーフTシャツです。丈がショートで、袖が短くてフィットするデザインがおしゃれです。シルエットを強調し、男性の外見をソフトに見せる効果があります。



袖の部分がグレーで、体の部分がブラックという2色の配色切り替えのラグランTシャツも人気です。個性的で、楽しいイメージがします。



イベント等で選ばれるのが、薄手の4.4オンスというTシャツです。かなり薄めで、よく伸びます。オリジナルのプリントをして、多くの人が気軽に着れる人気のTシャツです。



Tシャツをクラスの思い出として作ったり、チームのために作ったりするのも増えています。記念にTシャツを作って、みんなで記念写真を撮っています。連帯感が生まれ、より思い出に残るでしょう。