Tシャツの歴史と文化

カジュアルの代表とも言えるファッションアイテムには「Tシャツ」があります。その着やすさとどんなファッションにも応用の利くTシャツは様々なシーンで多くのが着用をして来ました。おそらく今まで一度もTシャツを着た事が無い人は一人もいないのではないでしょうか。



そんなTシャツの歴史はジーンズ発祥の地でもあるアメリカから始まったという事です。それは決してファッション界から初めて発信をされ、世の中に受け入れられたという物ではなく、意外な事にアメリカの海軍の下着として使用された事がTシャツの始まりであるという事です。ジーンズの発祥がアメリカの作業用ズボンであったように、Tシャツもまたアメリカ海軍の下着でありながら、作業用にも着用をされていたという事です。海軍の仕事は力仕事も多く重労働である事で、着脱が簡単で吸湿性や速乾性に優れ、伸縮の利く動きやすい素材で作られた白いTシャツが水平達に愛用をされていたようです。



その後アメリカ海軍は戦争で大きな功績を残しヒーローとなり、白いTシャツを着て祖国に帰るとその姿にアメリカの人々の関心が集まったようです。その後、白いTシャツはヘインズ社によって「水平Tシャツ」として販売が開始されたという事です。その後下着としてだけでなくスポーツ用としても次々と商品が登場して行ったという事です。同時にスポーツウェアとしてだけでなく、ジーンズと共に作業用のウェアとしてもTシャツが着られるようになりました。



その後ジーンズと同様にTシャツもユニフォームとしての用途から、ファッションアイテムとしても若い人を中心に受け入れられるようになって行ったという事です。特に映画スター達が劇中で着用をした事で、自由と新たな世界へ飛び出していくエネルギーを劇中のヒーロー達に感じた人々の間でジーンズとTシャツは広く受け入れられ、その後瞬く間に世界へと浸透をして行ったという事です。



その後Tシャツはロゴ等がプリントされて、企業の広告に利用されたり選挙運動に利用されて商業用や戦略としても利用をされるようになりました。しかしながら、Tシャツはそれだけではなく個人のメッセージを記すアイテムとしても愛用をされて来ました。安価で親しみやすいTシャツは、人々の生活のいつも直ぐ傍にあって、人々がそれにメッセージを記し、それを着用して街を歩く事で言葉にしなくとも個人の心情を不特定多数の人に伝える手段としてもTシャツは活用をされ、立派な1つの文化として確立されています。