オリジナルTシャツプリント手法によるメリット・デメリット

オリジナルTシャツプリント方法の違いによる、メリットデメリットを解説したいと思います。

①シルクスクリーン印刷

古くから使われている方法です。昔年賀状印刷でよく使っていた、プリントゴッコをイメージしていただけると良いでしょう。

メリット:プリント部の風合いもよく、洗濯耐久性もよい。

デメリット:オリジナルTシャツの場合、数量が少ないためコストが高くなる。(製版代+多色の場合はインク代が1色ごとに加算)÷枚数となる。

②昇華プリント

あらかじめ、昇華インクを印画紙に印刷し、生地にインクを転写する方法です。

メリット:風合いもよく、画像も鮮明。発色性もよい。1枚からの作成も可能。

デメリット:ポリエステル生地にしか対応できない。一部、綿などにも対応できる物もありますが、生地の上に特殊加工が施されているため、生地の選択範 囲が狭まります。

③インクジェットプリンターダイレクト印刷方式

最近では、Tシャツへダイレクトで印刷できるプリンターが販売されています。

メリット:1枚からの作成が可能。インクジェットプリントなので、発色もよく グラデーション等を表現できる。印刷部の風合いもよい。

パソコンからのダイレクト出力なので、製版代などの必要がない。1枚からの印刷が可能。

デメリット:洗濯耐久性が弱い。インクの乾燥に時間がかかる。

④インクジェットプリント用転写シート方式

家庭用インクジェットプリンターや、業務用顔料インクに対応したシートへ印刷し、アイロンやプレス機等でシートをTシャツに張り付ける方式。

カッティングプロッター等で、デザインに合わせシートをカットして貼り付ける。

メリット:パソコンからのダイレクト出力なので、製版代などがかからない。インクジェットダイレクト出力方式より、洗濯耐久性が良い。

インクジェットなので、グラデーション等を表現できる。1枚からの印刷が可能。

デメリット:シートを張り合わせているので、風合いが損なわれる。シート部分の通気性が損なわれる。



以上、上記以外にもTシャツプリント方式はありますが、業界では数量、用途等で方式を使い分けているようです。